記事一覧

2021新作 ジャケ・ドロー「グラン・セコンド スケルトン トゥールビヨン」


ジャケ・ドロー、光の建築家として
 ジャケ・ドローが、厳格な幾何学的構造のなかにトゥールビヨンを収めた、ブランドを象徴するモデルの革新を極めた傑作を披露しました。

 ジャケ・ドローの新作グラン・セコンド スケルトン トゥールビヨン(GRANDE SECONDE SKELET-ONE TOURBILLON)は伝統的なデザインから脱却し、一線を画した新たな美の展望を切り開いています。この彫刻をイメージさせる現代的で力強い「スケルトン トゥールビヨン」は、アイコニックなモデルが愛好家の為に設計されています。



グラン・セコンド スケルトン トゥールビヨン(GRANDE SECONDE SKELET-ONE TOURBILLON)は、時計製造における精度の厳密さを示し、スケルトン ムーブメントの原理を限界まで押し広げて、最小限の素材で最大限の強度と光を追求しています。かつてないそのスケルトン構造は、まっすぐなライン、角度、現代性、完璧なシンメトリーを見せています。テクニカルで極めて現代的なスケルトン構造および、同じくテクニカルで高い精度を誇るトゥールビヨン ムーブメントがタイムピースの技術と美の融合を際立たせ、ブラック処理が施されたブリッジはマットでパワフルな趣を演出しています。トゥールビヨンケージの3本のブリッジはスケルトン ムーブメントの幾何学的形状にぴったりと一致し、1分に1回、並びます。

 より荘厳かつスマートにリデザインされた針(秒針はトゥールビヨンケージに固定)は、2つの異なる階層に位置する2つのインダイアルに配されています。その一方のサファイアダイアルは、時、分、秒表示とゴールド製アプライドインデックスを備えています。



この透けて見える軽やかな動きは、ほとんど目に見えないながら、光の作用と透明度を演出するのに不可欠な、もうひとつのスイス製スモーククォーツダイアルと対を成しており、そのコントラストによって、グラン・セコンド(GRANDE SECONDE)コレクションの象徴である数字の「8」のフォルムを際立たせて時間を読み取りやすくしています。グランドセイコー腕時計ジャケ・ドローは、かすかにスモークがかかった状態から完全に不透明な状態まで、複数の階層を持つ構造に、インダイアルの透明度を変化させて異なる雰囲気を演出する最初の一歩を踏み出しました。

 全体を支える地板は、ムーブメントに伝わる力を分散させ、最適な強度を確保し、最大限に光を取り込むという、3つの目標を軸に全面的に見直しが行われました。地板が収められた41mmのレッドゴールド製ケースは、可能な限り開放的に設計されていることで、ムーブメント全体の姿を堪能することができます。また、ブリッジとネジにも繊細な装飾が施されたムーブメントは、ジャケ・ドローが細部にまでこだわりを貫いた美が披露されています。裏側から見え、文字盤からはほとんど見えない、スケルトン加工が施された18Kレッドゴールド製ローターは、スケルトン トゥールビヨン(SKELET-ONE TOURBILLON)に7日間のパワーリザーブを供給します。

【おすすめの関連記事】:http://chumphon1.top

オリエント(ORIENT) 日本のバイヤーに聞いた!人気の時計


日本のウォッチブランド「オリエント」の自動巻き腕時計です。クラシカルな機械式腕時計で、スケルトン仕様の文字盤が特徴。自動巻きムーブメントは銀河や彗星をモチーフにデザインされており、華やかな印象です。

ムーブメントの連続稼働時間は約70時間。文字盤の12時位置には残りの稼働時間が分かるパワーリザーブインジケーターを備えています。5気圧防水・耐磁1種・秒針停止機能なども備えているため、普段使いしやすいのが魅力です。



高級感のあるグリーンの文字盤が印象的な自動巻き腕時計です。9時位置にセミスケルトン構造を採用しており、ムーブメントの一部が見えるのが特徴。さらに、裏側もシースルーバック仕様です。

12時位置には残りの稼働時間を示すパワーリザーブインジケーター、6時位置にはスモールセコンドを配置。ステンレス製ケースの表面はザラツ研磨によって丁寧に仕上げられており、美しく上品な光沢をまとっています。

防水性能は10気圧防水。正面から見ても裏側から見ても楽しめる自動巻き腕時計です。


【関連記事】:http://orrery.top/

男の浪漫を叶える、ハイスペック・高機能な腕時計

男たるもの、愛用する道具は、たとえ日常では必要のないような機能やスペックでもとことん追求してしまうもの。ブランド時計 コピー時計も同様に、独自の世界観に基づく、機能やスタイルに心惹かれるのだ。他人には理解できぬこだわりにこそ、男の浪漫があるのだから。

HAMILTON
ハミルトン/カーキ フィールド メカ 50mm
ミリタリーウォッチの名作が大径オールブラックに



10月発売予定。SSケース、50mm径、手巻き。世界限定550本。13万8000円[予価]/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン 03-6254-7371)
1940年代に米国陸軍に納品され、アイコンとなったミリタリーウォッチ。その名作に50mm径の漆黒モデルが登場した。

12時間の内側に24時間が並列表記された文字盤に、「ハック!」の掛け声の下、部隊の全員が秒針を合わせて任務についたという、(リュウズを引くと秒針が止められる)ハック機能を装備。

厚みのある立体的なインデックスは、長時間発光の蓄光を採用。

HERMÈS
エルメス/アルソー クロノ チタン
馬の手綱をハンドルに持ち替えて


チタンケース、41mm径、自動巻き。57万7000円/エルメスジャポン 03-3569-3300 @Calitho
馬の鐙(あぶみ)をイメージした上下アシンメトリーなラグと、馬の疾駆する姿(エルメス時計 メンズ)をイメージしたインデックス。

これらは、馬具工房をルーツにするメゾンを象徴するもので、1978年の誕生以来、根強く支持されているモデルである。

新作ではシリーズ初のチタンケースをマットに仕上げ、軽量なケース素材をより軽やかに演出。ブラックのストラップはカーフレザーにエンボス加工を施し、クラシックカーのレザーシートを彷彿させる。

FORTIS
フォルティス/オフィシャル・コスモノート アマディ18
火星模擬ミッションを支えたタフネスな記念モデル



SSケース、42mm径、自動巻き。37万円/ホッタ 03-6226-4715
今年2月、オマーン南部のドファール地区において、オーストリア宇宙フォーラムはアマディ18と呼ばれる火星模擬実験を行った。その公式タイムキーパーをフォルティスが務め、ミッションクルーが装着した公式時計が記念モデルとして登場。

眩い光の反射を抑えるブラックケースに加え、9時位置のスモールセコンドにはプロジェクトロゴを表記。クロノグラフ積算針と同色のストラップもポイントだ。


【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター

カルティエもエルメスも。ジュエリー化が進む高級時計の最前線

。そこで発表された新作の数々から、今シーズンの傾向や注目すべきポイントが見えてきた。

オーシャンズでは、気になったキーワードをもとにオススメの一本を7回にわたって紹介。

今回は、ブレスレットやストラップも抜かりない、ジュエリーのような優雅さや気品を感じさせるスペシャルな5本を取り上げる。

新機軸のブレスレットが名作ウォッチの新境地を開く
CARTIER
カルティエ/サントス ドゥ カルティエ LM


SSケース、縦39.8×横47.5mm、自動巻き。74万円[予価]/カルティエ 0120-301-757 © Cartier
1904年に登場した世界初の本格メンズリストウォッチの魅力が、さらに輝きを増した。


Eric Sauvage © Cartier
美しいケースフォルムを崩すことなくベゼルからブレスレットへのラインをつなげ、全体の一体感を強調。カルティエ 時計 オーバーホール 値段ブレスレットはインターチェンジャブルかつ、工具なしで手軽にコマを調整できるのもうれしい。

シルバージュエリー本来のエレガンスが甦るミラネーゼブレスレット
HERMÈS
エルメス/ケープコッド



SSケース、縦29×横29mm、クオーツ。40万7000円/エルメスジャポン 03-3569-3300 © Calitho
エルメスのシルバージュエリー「シェーヌ・ダンクル」をモチーフにしたケースにミラネーゼブレスレットを組み合わせ、ラグフレームからワイヤーワークへと連なるデザインが一体感を醸し出す。ブレスレットの滑らかな動きだけでなく、着け心地もエレガントだ。

高いデザイン性とフィット感をもたらすラバーのあしらい
F.P.JOURNE
F.P.ジュルヌ/クロノグラフ・モノプッシャー ラトラパンテ


K18ローズゴールドケース、44mm径、手巻き。1272万円/F.P.ジュルヌ東京ブティック 03-5468-0931
コンビカラーのブレスレットは、ヴィンテージカーのバンパーの緩衝ラバーに着想を得て、コマ間にショックアブソーバーとなるラバーを纏う。2時位置のプッシュでクロノグラフのスタート/ストップ/リセットを、4時位置のプッシュでスプリットセコンドが作動。

【関連記事】:日本最大級のブランド時計、パック、服、財布、ジュエリーオンラインショップ。コレクションが豊富で、価格も激安

VACHERON CONSTANTIN ヴァシュロン・コンスタンタン/フィフティーシックス・コンプリートカレンダー アクティブに輝く、現代の男たちに捧げる時計


9月発売予定。SSケース、40mm径、自動巻き。250万円[予価]/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
ジュネーブ最古のマニュファクチュールとして語られるヴァシュロン・コンスタンタンだが、その長い歴史は革新の軌跡でもある。1956年に誕生した腕時計「リファレンス6073」もそのひとつ。ブランド初の自動巻き式を採用し、ラグにシンボルのマルタ十字をモチーフに取り入れ、先進性を強調した。

フィフティーシックスはその歴史的傑作を現代的な解釈で甦らせたものだ。受け継がれた由緒あるマルタ十字のラグやボックス型風防を組み合わせたケースには、洗練されたレトロモダンが漂う。フルカレンダーとムーンフェイズの機能もきわめて実用的。

かつて手巻き式に対して、新たな時代の幕開けを宣言したように、現代をアクティブに生きる男たちを腕元から支えるのだ。

カルティエ/サントス ドゥ カルティエ
時代を切り拓いた男の時計がさらに磨きをかけられた


アルベルト・サントス=デュモン。世界初の高級メンズリストウォッチの誕生には、この男の存在が欠かせなかった。

1904年、航空発明家である彼が飛行中に時刻を確認するためにカルティエが考案したのが「サントス ドゥ カルティエ」だ。その機能性と革新性、独創性は、1世紀以上にわたり継承され、伝統のスタイルを崩すことなく、さらなるモダニティを纏う。

ベゼルはストラップに連なり、一体感とともにエレガンスを湛える。美的洗練だけでなく、「クィックスイッチ」機構により、工具を使わず簡単にストラップやブレスレットに交換できる。それは実用的かつ優雅。男の時計のありようを今も教えてくれる。写真のグレーアリゲーターのほかにネイビーカーフストラップが付属。


【関連記事】:あなたと暮らす、夏のファブリック

名門ジュエラーが作り上げる絢爛なジュエリーブレスレット

文字盤のテーマは、ダイヤモンドとカラーストーンをふんだんにあしらったジュエリーブレスレットへと続く。片側約900部品から成るブレスレットの表面には、スノーセッティングにより隙間なくジュエリーが散りばめられた。そのデザインは緻密な構成により、着用時にも美しい曲線を見せる。スーパーコピー時計名門ジュエラーの精巧な技が光る仕上がりだ。


「レディ アーペル ポン デ ザムルー オートンヌ ウォッチ」
パリの秋を描いたモデル。18Kイエローゴールド製。ブレスレットにはダイヤモンドと、イエローサファイア、スペサタイトガーネットを採用。3768万円(税別)。
詩情溢れる瞬間をいつでも再現させるオンデマンド アニメーション モジュールを搭載
 レトログラードを搭載し、正午と深夜0時の1日に2度、橋の上の男女を象った時分が1分間にわたり重なるように設計されたオリジナルモデルの「レディ アーペル ポン デ ザムルー」。今作ではオンデマンド機能が追加され、いつでも恋人たちが出会えるようになり、かつキスの前には見つめ合うための時間が設けられた。8時位置の涙型のプッシュボタンを押すと、男女が12時位置と60分位置で揃い、3秒ほどの停止時間を経て、さらに進んでキスを交わす。ラブストーリーに深みを与える機構を開発したのは、アジェノーのジャン―マルク・ヴィタレッシュ氏だ。パテックフィリップ 偽物今作ではヴァルフルリエ Q020をベースムーブメントに採用し、レトログラードとオンデマンドのカムの動きを巧みに合わせたモジュールを組み込ませた。



「レディ アーペル ポン デ ザムルー イヴェール ウォッチ」
パリの冬を描いたモデル。18Kホワイトゴールド製。ブレスレットにはダイヤモンドとサファイアを採用。3768万円(税別)。


 なお、パリの夜を描いたオリジナルモデルに加えて、昼の景色を描いた「レディ アーペル ポン デ ザムルー ジュール ウォッチ」もシリーズのパーマネント コレクションとして加わった。この2モデルのアリゲーターストラップは交換可能となっており、パヴェダイヤモンドがセッティングされたケースと同素材のブレスレットと組み合わせることができる。


パーマネントコレクションの「レディ アーペル ポン デ ザムルー ウォッチ」(左)と「レディ アーペル ポン デ ザムルー ジュール ウォッチ」(右)。シャイニーネイビーブルーもしくはシャイニーパープルのアリゲーターストラップの組み合わせ。それぞれ1296万円(税別)。


【関連記事】:プレゼントに高級の腕時計を送ります

ジャケ・ドローより十二支の子年を記念した限定モデルが発売

ジャケ・ドローは十二支の子年を記念し、4つの限定モデルを発表した。限定モデルはエナメルダイアルにペイントを施した「プティ・ウール ミニット ラット」と、ブラックオニキスのダイアルに立体的な彫金を施した「プティ・ウール ミニット レリーフ ラット」の2種類。それぞれ2モデル展開となる。

ジャケ・ドローの子年を記念した4つのモデル



「プティ・ウール ミニット ラット」は、レッドゴールドのケースに232個ものダイアモンドを施したケース径35mmのモデルと、レッドゴールドのシンプルなケースを用いたケース径39mmのモデルがラインナップ。いずれも高温焼成エナメルダイアル上にネズミとザクロの実が描かれている。パネライ 時計 レディース子年の記念モデルであるため、ネズミがデザインされていることは自然であるが、なぜザクロの実が描かれているのか。ネズミは賢さや巧妙さ、野心、そして豊かさや繁栄の象徴として知られている。ザクロの実も同様に、その無数の種から生命と多産の象徴とされており、今回の記念モデルをデザインするにあたって、同社はその共通点からネズミとザクロの実の融合を試みたのである。ダイアルだけでなく、シースルーバックの裏蓋から覗く自動巻きローターにも美しいネズミとザクロの実が刻まれている。



ジャケ・ドロー「プティ・ウール ミニット レリーフ ラット」Ref.J005023291
レッドゴールドのケースとダイアル上のレリーフが特徴的なモデル。彫金やルビーのセッティングは職人の手によって行われており、スノーセッティングによって敷き詰められたルビーや陰影のつけられたレリーフは、技術力があってこそ実現できるものである。自動巻き(Cal.Jaquet Droz 2653.Si)。28石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約68時間。18KRG(直径41mm、厚さ 13.77mm)。3気圧防水。世界限定8本。754万円(税別)。
「プティ・ウール ミニット レリーフ ラット」は、ホワイトゴールドケースに272個のダイアモンドを施したケース径41mmのモデルと、レッドゴールドのシンプルなケースを用いた同じくケース径41mmのモデルがラインナップされる。この2つのモデルの特徴は、ブラックオニキスのダイアルにあしらわれた、ネズミとザクロのレリーフの彫金細工である。ザクロの実はルビーによって表現されており、ブラックのオニキス、ゴールドの輝き、ルビーの深い紅による美しいコントラストを楽しむことができる。このモデルにも自動巻きローターにネズミとザクロの実が刻まれている。


【関連記事】:秋田県の最新ファッション

時計業界の常識を覆すオメガの「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」

オメガから発表された「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」はマスター クロノメーター認定を受けた初の手巻き式センタートゥールビヨンである。オメガはこの新作によって「1万5000ガウスの磁場においても正常に回転し続ける耐磁性能を持つ秒針付きセンタートゥールビヨン」という金字塔を打ち立てた。そんな記念すべきモデル、「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」はオメガの「アトリエ トゥールビヨン」でも選り抜きの時計職人が作るタイムピースである。

オメガ「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」


オメガ「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」
ストラップはブラックのアリゲーターストラップ、18Kセドナ™️ゴールド製バックルに18Kカノープス™️ゴールドで施されたオメガのロゴが刻まれる。手巻き(Cal.2640)。50石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約72時間。18Kカノープス™️ゴールド×18Kセドナゴールド(直径43mm、厚さ12.7mm)。30m防水。1880万円(税別)。7月発売予定。
マスター クロノメーター認定のセンタートゥールビヨン
 この特別なタイムピースはオメガで初めてマスター クロノメーター認定を受けた手巻きセンタートゥールビヨンウォッチだ。マスター クロノメーターの認定を受けるには巨大な磁石を備えた装置の中に時計を入れ、1万5000ガウス(これはMRIが発する磁気レベルと同等)もの磁場の下でも正確な動作を刻むかなど、耐磁性能に関しての試験だけでも複数が行われる。



搭載されるムーブメントは手巻き式の新開発のコーアクシャルマスター クロノメーターキャリバー2640だ。
 現代社会の日常においては磁気帯びが発生するさまざまな状況が考えられる。現代社会において多くの腕時計はスマートフォンやPCによって精度に関する悪影響を受けているのだ。

 もちろん、マスター クロノメーターの認定は磁場への耐性だけでなく、文字盤中心にトゥールビヨンを搭載するCal.2640が日差0〜+5秒/日という高い精度を実現していることも証明している。



ミドルケースとリュウズのロゴを18Kカノープス™️ゴールド(ホワイトゴールドの合金)で、ラグやリュウズ、裏蓋などその他のヘッドに関する部分を18Kセドナ™️ゴールドで構成するこのモデルは、ポリッシュ仕上げの18Kセドナ™️ゴールド製ベゼルが同じ光沢のある素材のロゴとレタリングを施したサンブラッシュ仕上げのダイアルを囲むデザインとなっている。

 この18Kカノープス™️ゴールドはまばゆい輝きと透き通る白さ、そして経年変化しにくいことが特徴だ。オメガが開発した2種類のゴールドが優美に調和し、ブラックのPVD加工が施されたダイアルのダークな色合いをより印象的に表現している。そして、センターに配置されたチタン製のトゥールビヨンケージとベースは他に例を見ない存在感とオメガ独自のスタイルを示している。

発表と同時に完売したA.ランゲ&ゾーネの限定「サクソニア・フラッハ」ブラックゴールドストーンダイヤル

A.ランゲ&ゾーネは、ホワイトゴールドケースに身を包むサクソニア・フラッハの新作を50本限定で発表した。シルバー無垢にブラックのゴールドストーン層を重ねたダイヤルは、腕元でさりげなく光を放射する。ダイヤルに目をこらすと、深淵なブラックの表面全体に散りばめられた微細な粒子が、光を反射してチラチラとコッパーカラーに輝いているのだ。艶めいたブラックのレザーベルトに18Kホワイトゴールド製ピンバックルを添えて、時計の全体を美しい光沢で包み、印象的な雰囲気を醸し出している。



A.ランゲ&ゾーネは、2018年にブルーのゴールドストーン層を重ねた青と赤の微妙な輝きを放つダイヤルを備えたサクソニア・フラッハを発表したが、今回は初めて希少なブラックのゴールドストーンを採用した。ゴールドストーンの製法は、17世紀にベネチアで発見された。この素材は、銅の成分を含んだガラスの一種で、ガラスを加熱する間に銅が極小の結晶を形成する。均質な表面を得るためにその溶融ガラスを、細心の注意を払いながら、シルバー無垢のダイヤルに流し落として生まれる。
A.ランゲ&ゾーネ「サクソニア・フラッハ」(ブラックゴールドストーンダイヤル)
手巻き(Cal.L093.1)。21石。21,600振動/時。パワーリザーブ約72時間。18KWGケース(直径40mm、厚さ6.2mm)。30m防水。世界限定50本。278万円(税別)。ブティック限定。※予約受付終了


自社で開発・製作した手巻きキャリバー L093.1の厚みは、A.ランゲ&ゾーネ最薄のわずか2.9ミリである。コンパクトな設計にもかかわらず、約3日分のパワーリザーブを蓄えることができる。二度組方式による組立てと、部品の手作業による仕上げ装飾が、ランゲ最高品質基準に準拠していることは言うまでもない。

【関連記事】:新潟県のファッションブランド情報!

ロレックスを買うその前に まず最初に買うべき時計~

何かいい時計が欲しいという方にとって、やはりロレックスは憧れのブランドですよね。

ただ、ここ最近のロレックスは少々高い、あるいはかなり高いよと感じる方も多いのではないでしょうか。

人気モデルになってくると余裕で100万円を超えてきますからね。

そこで今回はロレックスを買うその前に、まず最初に買うべき時計について考えてみたいと思います。

いきなり100万円というと敷居が高いですが、高くても50万円くらいまでであれば、何とかなる方も多いかもしれませんからね。

それでは、さっそく見ていきましょう。

IWC マーク18

1本目は、IWC マーク18。

お値段の方は、572,000円。

少し予算オーバーではありますが、並行輸入品であれば50万円ほどで買えるのではないでしょうか。

IWCと言えば、少し時計のことを調べたり、興味を持ち始めた人であれば誰でも知っている、大変人気の高いブランドでございます。

中でも、このマークシリーズは、非常にシンプルで見やすい文字盤が人気で、ファンも多いモデルですよね。

どことなくロレックスのエクスプローラーと似ているところもあり、以前のモデル、マーク15なんかとは雑誌上でよく比較されていたものです。

フォルティス コスモノート

2本目は、フォルティス コスモノート。

お値段の方は、340,000円+税。

宇宙飛行士の装備品としても採用されていることから、その品質はお墨付きのフォルティス。

なかなか魅力的な価格帯ではないでしょうか。

最初の1本がクロノグラフというのも、なかなかシブい選択ですが、男性であればこのメカメカしい文字盤に魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。

日常においてそれほど時間を計ることなんてないけれども、それでもクロノグラフはかっこいいのでございます。

ムーブメントには定番、バルジュー7750が採用されていますので、メンテナンスに困ることはないでしょう。

チューダー ブラックベイ GMT

3本目は、チューダー ブラックベイ GMT。

お値段の方は、438,900円。

ロレックスを買うその前に、おすすめすべき時計としては、おそらく一番正統なモデルと言えるチューダー。

以前はロレックスのデフュージョンブランドとして、ロレックスから部品の供給を受けていたことから、半分ロレックスみたいなものですからね。

今では独自の道を歩んでおりますが、それでも、こちらブラックベイのGMTモデルなんかは、ぱっと見ではロレックスのGMTマスターにそっくりです。

それでいて、価格の方は本家GMTマスターⅡのおよそ四分の一といったところでしょうか。

かなりおすすめの1本ですね。


タグホイヤー 時計 メンズ 人気

4本目は、タグ・ホイヤー カレラ。

お値段の方は、297,000円。

若者を中心に、絶大な人気のタグ・ホイヤー。

比較的リーズナブルなモデルも多く、初めての機械式時計として、あるいは初めての高級ブランド時計として、タグ・ホイヤーを選ばれる方も多いかと思います。

今でもファンの多いアイルトン・セナを始め、モータースポーツとの関係も深く、そちらから入ってきたファンの方もおられるのではないでしょうか。

こちらのカレラは、スーツとの相性もよく、ビジネスシーンでも違和感なく着けられると思うので、ロレックスにいく前のステップとしてもおすすめですね。

グランドセイコー

5本目は、グランドセイコー。

画像のモデルでお値段の方は、400,000円+税。

ロレックスへのステップとしてはもったいないくらい素晴らしい時計、グランドセイコー。

これを買っちゃうと、もしかしたら満足してロレックスはいらない、なんてことになっちゃうかもしれませんね。

グランドセイコーにはラインナップも多く、たくさんの種類があるので、お気に入りのモデルがきっと見つかると思いますよ。

日本を代表する高級時計として、世界でも最高の評価を得ているグランドセイコーですから、所有満足度は高いと思いますよ。

マニアも唸る復刻時計の登場

ところがである。

近年、この状況に大きな変化が出始めている。オリジナルと同様、またはそれ以上の魅力を持つ復刻モデルが登場し始めたのだ。

そのことを世に大きく知らしめた出来事のひとつが、2017年に発表されたオメガの「オメガ 1957 トリロジー」の発表だろう。これは、1957年にオメガが発表した3つのマスターシリーズ「スピードマスター」「シーマスター300」「レイルマスター」の60周年を記念して発表された復刻時計だ。

以前オーシャンズでも紹介した「“オメガ 1957 トリロジー”レイルマスター マスター クロノメーター 60周年リミテッド エディション」。
この復刻版がかつての一般的な復刻時計と大きく異なる点は、デジタルスキャナなどの最新技術を用いることで、オリジナルそのままの形を再現している点にある。「オリジナルが欲しいけどプレミアがつきすぎて手が出ない」「状態が良いヴィンテージが見つからない」といった時計好きたちが、十分に納得できるだけの雰囲気を手に入れている。

しかも、魅力はそれだけに止まらない。見た目はオリジナルと同じなのに、中身のムーブメントや、ケース磨きなどの細かな仕上げは、オリジナルを超えるスペックであるということだ。これにより、単に昔と同じものを作るだけでなく、現代の高級時計に求められる価値観に合った復刻時計が誕生した。

現在、多くのブランドが、こうした気合いの入った復刻時計の生産に乗り出している。それは高級時計の世界に限ったことではない。例えば近年「大人ができるデジタル時計」として人気を呼んだセイコーの「ジウジアーロ」シリーズの復刻などはまさにその好例と言っていい。



こちらは、以前に安藤さんが紹介してくれたジウジアーロデザインの腕時計たち。復刻時計としての“名作”も、数多く生み出している。
車をはじめとするプロダクトデザインの巨匠、ジョルジョット・ジウジアーロが1980年代にデザインしたその美しいデジタル時計は、ケースデザインもさることながら、余白を生かした絶妙な液晶表示がなんと言ってもキモだった。

ただ、機械式とは異なり、デジタル時計は単価が安い割にメーカー側の初期投資は小さくない。そのため、復刻するとなるとある程度のロット数をこなす必要が出てくる。だから、完全なる復刻版は難しいだろうと、コレクターの間では囁かれていた。



こちらも以前安藤さんが紹介してくれた、セイコーのドライバーズウォッチをビームス別注で2018年に復刻された時計。当時のデザインをゴールドで見事にアップデートした名作だという。
それをセイコーはやってのけたのである。しかも3万円代という低価格帯で。かつて「ジウジアーロ」シリーズをすべて集めた経験のあるぼくが実際に購入し、コレクションに入れていることでその実力を理解いただけるのではないかと思う。

欠かさずチェックすべきグレー&ブルーカラー

ウブロの革新性を語るうえで、独自開発の素材やその色使いは欠かすことができない。

独自開発したハイテクセラミックもそのひとつだ。高温で焼結したジルコニウムをベースとする極めて硬く、ほぼ傷の付かない新素材はさまざまな色を生成することを可能にした。

ビッグ・バン インテグラルの最新作で披露したグレーセラミック、またはブルーセラミックのブレスレットウォッチは、ほかでは見られないセンスが光る。



「ビッグ・バン インテグラル チタニウム ホワイト」Tiケース、42mm径、自動巻き。233万円/ウブロ ウブロ(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ 03-5635-7055)
その名の通り、徹底的に磨き込まれたチタン製のケース&ブレスレットとマットな質感にこだわったホワイトのスケルトンダイヤルは、セラミックのシリーズとも違うシックな雰囲気が魅力。


素材感を限界まで押し上げるウブロの仕上げの技術に脱帽。
2020年に誕生したビッグ・バン インテグラル。「不可欠な」や「欠かすことができない」という意味を持つ“インテグラル”の名前のとおり、2021年のブレスレットウォッチを語る上でも欠かせない時計となりそうだ。


【関連記事】​​​​​​​: 2021ファッション人気腕時計情報

オリンピックの野球選手が好きな時計ブランド

カルティエ(Cartier) 腕時計 タンクソロ W5200003

ティファニーやブルガリと並んで、世界の5大ジュエラーと呼ばれているカルティエ。ウブロ 時計 買取腕時計にはクラシック、かつエレガントなデザインがメインで、フォーマルなスタイルにマッチするものが展開されています。クラシックな腕時計は幅広い年齢の男性がつけられるのでプレゼントにもいいですね。

この腕時計もそんなカルティエの魅力が詰まっています。細めのシェイプの中にクラシカルな文字盤があり、スモーキーな時針と分針がアクセントになっていますね。スーツのようなフォーマルな格好に似合うおすすめのアイテムです。

ブリストン(BRISTON) 腕時計 クラブマスター bt15142sa-1lsb-bk

スポーツ&シックをコンセプトにしているブリストンの腕時計。スポーツシーンに使えるような形をしているのに、ダークトーンで落ち着いた雰囲気を演出しているのが特徴です。ブランド時計 コピー値段もフランスの腕時計ブランドの中ではリーズナブルと言えるので、購入しやすいのではないでしょうか。

ブリストン特有の時計の形が目立つ、フォーマルスタイル、カジュアルスタイル、どちらにもマッチするおすすめの腕時計です。

リップ(LIP) マッハ2000 LIGHT MASTER 1892532

ユーモアに富んだ遊び心あるデザインが特徴のリップ。創業100年以上と歴史は深く、あのナポレオンもつけていたと言われています。フォーマルなファッションに合わせるのは難しいですが、カジュアルなファッションにならワンポイントとして活躍してくれるでしょう。

どこかフランスらしいポップな色合いがおすすめのマッハ2000。ニットのような服の上から着けるとアクセントに収まらず、主役級の役目を担ってくれるおしゃれな腕時計です。

オリンピックの模様の水泳選手の好きなメンズ腕時計おすすめ


ブランド時計を買取してもらうときには、その時計の状態や、需要と供給のバランスなどによって、査定金額が決定します。通常であれば、「高く売れる」のは喜ばしいこと。
しかし中には、「高く売れすぎてしまうと、税金がかかってくるのでは?」と不安を感じてしまう方もいます。

30万円以上の値段がつくことも多い、高級ブランド時計。買取してもらう場合の税金については、どのように考えれば良いのでしょうか。
確定申告についてなど時計買取時に気になるポイントについて、必要な情報をまとめます。


さて、先ほど「時計は生活用動産であるため、課税対象にはならない」というお話をしました。
しかしここには例外もあります。

実は「生活用動産の譲渡課税」は、「1個または1組の価格が30万円を超えるもの」は、通常の生活に必要ではない「ぜいたく品」として捉え、譲渡課税の対象となる、というルールが存在しています。

課税対象となる品目については、例として以下のようなものが挙げられています。

・骨董品
・書画
・宝石
・貴金属

高級ブランドの時計であっても、それは「骨董品」ではなく、「宝石」でもありません。
だからこそ、30万円を超えるものでも「ぜいたく品」とは判断されません。

しかし高級ブランド時計の中には、以下のようなアイテムが存在するのも事実です。

・時計としてよりも、骨董品として価値が高いアンティークウォッチ
・金無垢(むく)など、貴金属をふんだんに使ったジュエリーウォッチ
・宝石をちりばめて作られた、ゴージャスな時計

こうしたモデルであっても、もちろん「タグホイヤー 時計 修理」は「時計」です。しかしその価値を検討してみますと、「骨董品」や「宝石」、「貴金属」として扱われてしまう可能性もあります。
この場合は、当然譲渡課税の対象となってしまいますので、注意が必要です。

手首が細い男性必見!細身でも似合うパネライの選び方


デカ厚時計ブームの火付け役ともされる大ぶりなフォルムが特徴的なオフィチーネ パネライ(PANERAI)。ひと目でパネライだとわかる分厚い大型のケースやりゅうずガードが特徴で、デザインのみならず優れた堅牢性や防水性、時刻の視認性を備えており実用性も申し分ありません。

そんなパネライは、腕時計専門店である当店ジャックロードでも高い人気を誇りますが、"デカ厚"のイメージだけあって、手首が細めの男性にはやや敬遠されがち。

しかしながら、そんな大ぶりの印象が先行するパネライの中にも、実は手首が細い男性や、中には女性でも身に着けられるようなモデルラインアップが存在します。

今回は、「細身でもインパクトのあるパネライを着用したい!」という方に向けて、パネライならではの魅力を存分に愉しみつつも、手首の細い方でもスマートに着用できるおすすめモデルたちをご紹介します。


ルミノール ドゥエ 38mm Ref.PAM00755

具体的なモデルの紹介に入る前に改めてパネライについておさらいです。

イタリア海軍御用達の精密機器メーカーとして、その高い技術力を誇っていたパネライ。長らく軍用時計として腕時計を生産していましたが、東西冷戦の終結とともに一般向けの腕時計を生産し始めました。

そんなバックグラウンドを持つ時計メーカーだからこそ、高い堅牢性や視認性を有する腕時計の製作には余念がありません。


ブラックシール コンパス Ref.PAM00191
パネライが腕時計とともにイタリア海軍に提供していた腕に着用できるコンパス

1997年には現リシュモンのヴァンドームグループの傘下へと入りましたが、2005年には自社製ムーブメント搭載のコレクションを発表し、マニュファクチュールとして独自の地位を確立しました。

【関連記事】:高級腕時計市場のこれまでの様子

ハイスペックなスポーツウォッチを低価格で

『クラブ・ラ・メール』は機械式時計であることにこだわったブランド。そのためどのモデルの裏蓋も、ムーブメントの動きを見て楽しむことができるスケルトン仕様となっています。ブランドロゴが刻印されたルーター下のムーブメントには、波状の輝きを放つコート・ド・ジュネーブの装飾をオン。ロレックス腕時計 中古同価格帯の機械式時計ブランドには装飾無しのプレーンなモデルも多い中、コンセプトをしっかり反映した意匠といえるでしょう。

機械式時計の心臓部ともいえるムーブメントは、信頼の日本製。国内の自社工場で一貫生産している『シチズン』傘下のエボーシュブランド『ミヨタ』のモノを採用しています。ETA社によるスウォッチグループ以外へのムーブメント供給停止宣言以来は特に評価が高まっているメーカーであり、その精度や耐久性はお墨付き。メンテナンス性の高さもポイントです。そんな優れたムーブメントを搭載した機械式時計が3万円前後で手に入るだけでも実にお得感があります。

海をイメージしたネイビーカラーのダイヤルに、海中に差し込む光をイメージしたサンレイ仕上げを施した1本。スーパーコピーインデックス、針、ケース、そしてブレスレットまですべてシルバーのステンレススチールで統一することで、ビジネスシーンでも通用する高級感溢れたデザインに仕上げられています。

女子シンクロナイズドスイミング選手、父の日オリンピックに父の腕時計を贈る

必要なものを最低限、その中でいかにセンスを光らせるか。首元、手首、足首こそ、実はお洒落センスが問われるスタイルの魅せ場。3つの勘所を押さえた、平成男の遊びのセンスを盗め。

平成男の最終章とは……
手首のテイストミックスがスーツ姿をリラクシングに見せる武器になった
ただ堅苦しいだけの仕事スタイルから一歩進んで、ヌケ感を楽しめるようになった現代のビジネスシーン。ネイティブ&ミリタリー要素を手首に散らすことで、程よいリラックス感が生まれる。


時計〈スタイリスト私物〉

ドレス時計でこそ生きるナイロンの軽やかさ
ブレスレットと並び、手首を飾るアクセサリーといえば時計ベルトだ。ナイロンストラップ感覚で、どんな時計でも手軽にミリタリーの雰囲気をプラスできる。

各2000円(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

ミリタリーはもちろん、トラッド風な雰囲気も加えられると人気のこちら。パネライ 時計 レディースカラフルなストライプ柄のナイロン製時計ベルトは、ほとんどの時計に使える16mm幅。ベルト穴が9個開いているので長さの調節も簡単だ。


【関連記事】​​​​​​​: 流行の単一の製品ど最新の組み合わせ

オリンピックのテコンドー選手のコーチが好きな腕時計です。

フォッシルのコーチマンシリーズは、シックで落ち着いた雰囲気とワイルドさをあわせ持つデザインが目を引きます。
文字盤に施された木目調の装飾も印象的で、さりげなくユニークな装いを楽しめるメンズ腕時計です。

カジュアルさと上品さ、力強さのバランスがよく、特にカジュアルファッションとの相性が良いのが特徴です。クロノグラフ搭載なのでスポーツシーンでも活躍します。

加えて、流行に左右されにくいデザインのため、こだわりの腕時計を長く愛用したい男性におすすめです。


海外への旅行や出張が多い男性には、フルメタル電波ソーラーシステムとハイブリッドGPS受信システムを併用したカシオ オシアナスのこちらのシリーズをおすすめします。
サマータイムへの対応もスムーズで、使い勝手抜群のメンズ腕時計です。

実用性の高さに加え、繊細なデザインも人気です。人気のウブロ 腕時計フェイス外側に鮮やかなブルーが入るなど細部まで凝っていて、男性をおしゃれに演出します。

ベルト部分にはチタンカーバイト処理を施しているのでとても丈夫。毎日のように使うものだからこそ、頑丈さにこだわりたい男性に好評です。

【関連記事】:ダニエルウェリントンの次はコレ!と呼ばれているシンプルウォッチ

ロンジン WWW 「ダーティ ダース」。ラジウム塗料が塗られた針とインデックスは経年変化して色あせている。






 現代のスーパールミノバとそれに類する夜光塗料は素晴らしいまでに安定している。一方、特にラジウムとトリチウムは、時間が経つにつれてある程度の褪色や変色が起こる傾向にあり、この色のあせ具合がヴィンテージ時計を評価する上での基本的な特徴の一つになっている。(夜光塗料付き時計のインデックスと針が時計本来のものであるか、あるいは少なくとも同じ年代のものであるかどうか知りたい場合、まずはそれぞれの夜光塗料を比較して一致するかどうかを見る)。そして、夜光塗料の自然な経年変化と退色が目で見て分かると、多くの人がノスタルジーに浸り、本物であるという感覚と古い時代の時計づくりの誠実さを強く感じるようになった。多くの人を魅了するヴィンテージウォッチの特徴である。

 私が示す命題はこうだ。色あせた、あるいは経年変化した夜光塗料がヴィンテージ品の魅力の象徴となるためには、人々の欲求を満たすだけの十分な品数が揃っており、かつ集めたいという人もまた十分な数揃っていなければならない。ロレックス レディースつまり需要と供給のバランスだ。トリチウムは、暗闇での視認性を確保するために針とダイヤルに塗られていたが、後になってルミノバがその座を奪った。放射性のトリチウムから非放射性のルミノバ(およびスーパールミノバ)への移行は1990年代半ばから後半にかけて起こった。さまざまなブランドが移行する中、ロレックスもついに1998年に追従した(その後、2008年からクロマライトが使われ始めた)。おおまかに言って、トリチウムの時代は1960年代半ばから1990年半ばまで続いたことになる。

暗闇でどうやって光るのか

ダイヤルの夜光塗料の経過年数と状態は、時計の年代、状態、価値を評価するうえで重要な要素だ。しかし夜光塗料の仕組みはどうなっているのだろう? ラジウムから今日に至るまでの夜光塗料の詳しい紹介は、発光ダイヤルの科学的バックグラウンドに関するストーリーをご参照いただきたい(日本版準備中)。画像:H.モーザー ストリームライナー フライバック クロノグラフ。

 ラジウムなどの放射性元素と同様、トリチウムには半減期がある。これはある量の物質が与えられた場合、そのおよそ半分が崩壊するのにかかる時間だ。トリチウムの半減期は12.5年とかなり短い。(比較のため併記すると、ラジウムの半減期は1600年)。1997年にインデックスと針にトリチウム塗料を使って製造されたロレックスをオリジナルの状態で持っているとすれば、夜光塗料の光の強さは2009年までに(おおよそ)半減していることになる。そのため、概して、2009年までの時点でトリチウム塗料を使った時計はある程度光量が落ち、場合によっては多少の退色も起きていると考えられる。


モダンなデザインの腕時計で仕事もプライベートも充実


マークジェイコブスは、1986年に設立されたアメリカ発祥のアパレルブランドです。
若者向けセカンドラインのマークバイマークジェイコブスが2015年に統合され、現在は幅広い価格帯の商品を取り扱っています。

レディース腕時計は、シンプルながら洗練されたモダンなデザインが魅力。文字盤にロゴが入っているので、さりげなくブランドをアピールできるのも嬉しいポイントです。

カジュアルファッションからビジネスシーンまで幅広く使うことができるので、仕事もプライベートも充実させたい20代の女性におすすめです。



高級腕時計といえば、やっぱりスイスのブランドが有名です。1848年にスイスでスタートしたオメガは、その上質さから世界中で安定した人気を誇っています。

品があり洗練されたレディース腕時計は、大人っぽく見られたい、という20代の女性におすすめです。
有名高級ブランドの時計は、余裕のある大人の雰囲気を演出してくれるでしょう。

「究極の時計」を意味するオメガ。耐久性も優れているので、長く快適に愛用することができます。

【関連記事】:伝統的な機械式時計を愛する大切な人へのプレゼントに

ページ移動